横バー-黒緑.png

協会について

設立趣意書

 最近におけるわが国の目覚ましい発展は、今や世界の驚異あり、私達も明日への希望を抱きつつ、平和な日々の生活を享受しております。
 この健やかな発展を、いつまでも続けたいと思うのは、人の心の自然でありましょう。
 然しながら、社会一般にはともすれば、日本をめぐる客観的情勢が軽視され、将来に対しても安易な考え方に立ち易く、もたされた平和と独立を、真に私達のものとし、末永く自らの手で守り抜こうとする気概に欠けているのでは
ないでしょうか。
 分に応じた防衛力を築き上げて「自ら守る」責任を探ってこそ、初めて独立国として、世界の尊敬を受け、各国と相たずさえて、繁栄の途を進みうるのであります。
 自衛隊は、国防の第一線に立つものでありますが、国家防衛を決して自衛隊だけの努力で、その目的を達し得るものではないことは、申すまでもありません。
 この際、自衛隊が常に精強であることを期待するとともに、県民も防衛意識をたかめ、近代防衛に関する知識を普及して、堅固な防衛態勢に努めるため、ここに有志相図って、静岡県防衛協会の設立を発起いたしたのであります。
 何卒、各位におかれましては、この趣旨にご賛同下さいまして、格別の御援助と御協力を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

昭和38年5月吉日

静岡県防衛協会設立発起人一同