真珠湾攻撃慰霊祭

 12月8日(水)、今から80年前の昭和16年12月8日、日本海軍機動部隊がハワイ島真珠湾の太平洋艦隊に奇襲攻撃を行い、これが昭和20年8月15日まで続く太平洋戦争の緒戦であり、この攻撃によりアメリカ合衆国側は戦艦4隻沈没、戦死者2,334名を含む多大な損害を受けた攻撃であった。

 例年、ハワイにおいて慰霊祭を行われており、今回の慰霊祭の主催者である菅野寛也医師(当会員)も永年参列していたが、コロナ禍により訪米が困難なために、今回、静岡浅間神社境内で新たに開催したものです。

 式典は神事後に同神社境内に植樹されている日米友好親善の樹「ハナミズキ」に献水し慰霊が行われました。

           日米友好親善の樹のハナミズキへの献水


静岡空襲時に戦死した米兵遺品の水筒を手に慰霊、鎮魂による和解、平和を説く菅野寛也氏